低金利の銀行借入|カードローン審査を通過する為の3つの関門

MENU

借入ランキング 低金利カードローンBSET3

 

プロミス

プロミスの特徴

  • WEB明細の選択とEメールアドレスの登録で30日間無利息
  • 三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があるとより便利に
  • 会員サービスが充実しているため最後まで来店不要でも可能

年利 4.5%〜17.8%
限度額 1万円〜500万円
評価 評価5
プロミスでの借入ポイント

30日間の無利息は初めての借り入れ翌日からの適用になります。三井住友フィナンシャルグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスとして知名度も高く全国展開をしている安心のプロミスは、充実したサービスが最大の特徴です。

会員サービスでは振込キャッシングからインターネット返済、会員情報の変更や取引履歴の照会などが行えるため来店の必要はありません。三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座があると振込キャッシングとインターネット返済が24時間対応になります。

30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

オリックス銀行

オリックス銀行の特徴

  • おまとめ・借り換えもOK!
  • 銀行カードローンでありながらオリックス銀行口座が不要
  • 300万円までは収入証明書類不要
  • 借入や返済に手数料がかからない

年利 3.0%〜17.8%
限度額 最高800万円
評価 評価4
オリックス銀行での借入ポイント

銀行カードローンとしては金利が高いことは目立つかもしれません。しかし少額の借り入れを短期間に返済するということを考えると金利よりも手数料や返済の方法を重視することが必要です。

また大口融資では低金利になるためオールマイティーな銀行カードローンといえるでしょう。申し込みのための準備が少なく、提携ATMには利用手数料がかからないため消費者金融の利便性と銀行の安心を兼ね備えたカードローンです。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行の特徴

  • おまとめ・借り換えもOK
  • 口座開設不要(返済に口座引落を利用する場合には必要)
  • ATM利用手数料無料
  • 来店不要
  • 極度額300万円以内は収入証明不要

年利 年4.0%〜14.5%
限度額 最高800万円
評価 評価4
三井住友銀行での借入ポイント

上限金利が14.5%となっており、少額のおまとめでも利息に無駄がありません。 インターネット申し込みと三井住友銀行本支店内に設置されているローン契約機を併用すると最短即日融資が可能。 三井住友銀行ATMのほか、提携ATMも利用手数料が無料になっており、随時返済を行いながら計画的に無理のない返済ができるはずです。

モビット

モビットの特徴

  • カードレスキャッシングのWEB完結がある
  • 電話なし、郵送物なしの契約方法がある
  • 従来通りカード申込もある

年利 3.0%〜18.0%
限度額 1万円〜800万円
評価 評価3
モビットでの借入ポイント

WEB完結を利用するためには、「三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座」と「組合員保険証か社会保険証」が必要です。さらに直近の給与明細書2か月分があれば在籍確認も電話ではなく書類で完了するため、カードの郵送無し、電話なしの申し込みができます。

カードレスの場合、借入方法が振込キャッシングに限られるため平日の14時50分までに手続きをする必要があります。不便を感じるのであれば従来通りカード申込もあります。このサービスは総量規制対象となりますので、個人の借入総額が原則年収等の3分の1までに制限されます。

 

カードローン審査を通過する為の3つの関門

銀行借入に申し込みたいと考えているものの、カードローンに申し込みをするのは初めてという方に、よくある質問です。

 

 

銀行借入を利用するには、審査に通らなくてはなりませんが、銀行借入の審査というのは、どのようなことをするのでしょうか?

 

また、親や家族などには内密にローンを組みたいという場合、連絡がいってしまうようなことはあるのでしょうか?


「属性」の審査

まず、銀行借入の審査では、申込書を記入し、その内容について審査が行われます。年齢や職業、勤続年数などといった、いわゆる「属性」の審査です。過去のカードローンの利用者データから、申込者のデータを照らし合わせて審査を行います。

 

例えば、過去のデータだと、公務員の方がサラリーマンよりも、きちんと返済をしてくれていたという実績により、公務員はサラリーマンより属性が高い、と評価されるわけです。これらを点数化して、審査の基準としているのです。

 

信用情報

また、銀行借入の審査はそれだけではありません。属性よりも重要視される信用情報というものがあります。

 

信用情報というのは、銀行やクレジット会社、消費者金融などが、融資やカードに関する利用履歴を日々登録したもので、新規入会の際には照会できるように、個人信用情報機関というところで顧客情報を共有化しているものです。

 

銀行借入が初めての利用だったとしても、クレジットカードの利用履歴も、個人信用情報機関には登録されていますから、支払いの遅延などがある場合には、銀行借入の審査で不利となります。

 

保証会社と二つの審査

消費者金融の場合には、消費者金融業者自体が審査を行い、それが通れば融資可決となるのですが、銀行借入の場合には、融資をする銀行と保証会社と二つの審査をクリアする必要があります。

 

消費者金融のカードローン審査と比べますと、銀行借入のほうが金利が低いこともありますから、審査は比較的厳しく、時間がかかることとなります。

 

親や家族にバレませんか?

銀行借入を利用することで、親や同居している家族などに連絡がいってしまわないか?という点については、銀行借入の審査段階ではないと思ってよいでしょう。

 

但し、申込者が学生という場合には、銀行カードローンによっては親権者の同意が必要な場合もあります。また、そもそも学生だと利用が不可というものもあります。

 

また、銀行借入の審査の際に連絡がいかなくとも、例えば、ローンカードや明細など郵送物が自宅に送られてくることで、バレてしまう可能性というのもあります。

 

心配なようでしたら郵送手配ではなく、自動契約機でのカード発行にしたり、明細が送られてこないような手続きをしておくとよいでしょう。

銀行借入は金利が低い分、審査は厳しく時間がかかります。急いで借入したい場合は消費者金融がオススメです。

 

何よりも、融資までのスピードが早いですし、金利も銀行カードローンと比較しても、それほど高くありません。

 

銀行借入を断られた方でも資金調達可能な方法

法人向けに「ファクタリング」という方法で資金提供するサービスはご存知でしょうか?
事業資金を借入する為の融資ということと似ているものですが、ファクタリングの場合は「売掛金を買い取ってもらう」という資金調達方法です。

 

詳しくはコチラをご覧ください → ファクタリングとは?